妊娠しても通常の生活

子供を産む決意

妊娠しました
病院で詳しく診ていただき、この段階で妊娠していることが確定しました。 白黒のフィルムで見た画像は、壁の中に丸いものがくっついているような感じで、本当にちいさなちいさな命が芽吹いてきたばかりの状態でした。 20代の結婚しているときにも望んでいても、一度もこういった兆候を経験することはなく、やっと授かった命。

この時40歳。子供が生まれる時には私は41歳になっていることになります。 35歳を過ぎた頃、一緒に仕事をしている姉の子供と一緒に手を繋いで食事に向かう時、「ねえ、○○おねえちゃん(と私を呼んでくれてました)は、子供は生まないの?わたし、したにだれかいてほしい。」

なんて、子供の素直な気持で話しかけられたとき、相手はいてもきちんとした家庭がまだ築けるような状態になっていなかったりで、とても答えに困ったものでした。 「そうね、生めたらいいね。」 なんて言うのが精一杯でした。

それから数年、家業の仕事のことが年々大変になっていくなか、私も女性としてどういった方向性で生きていくべきなのかを模索しながらも、恋愛をする機会は何度か訪れました。 40代が近づくなかで、自分はもう子供は授かることはできないかも…といった気持も出てくる中で、私の中に新しい命が舞い降りたのでした。

しかし過酷な仕事の状況、親姉弟のこと、そしてこれからの自分…何もかもをクリアして何の心配もなく子供を迎えてあげられるような環境を作れるのかどうかについては、冷静な目では、客観的な目では非常に難しい状態であると感じていました。 ただやっと私のところに来てくれた命はやっぱり大切にしたい、もうこれが本当に最後かもしれないと考えたのでした。

妊娠してからも過酷な労働
一般的な妊婦さんの場合は、妊娠が分かった時点でできるだけ体を労わって、あまり無理をなさらない方がよろしいとか思います。 私の場合はかなり特殊な状況の妊婦でしたので、特殊な例として見ていただけたらと思っています。

妊娠したことが分かったあと、子供の父親には私は子供を保てるのは最後かもしれませんし、命を無駄にすることはできない旨を伝え、産む決意を伝えました。 問題は私の家族です…もちろんお付き合いなどの状況も伝えていませんし、まさか段階を踏まずに子供の話をしてくるとは、誰も思っていないはずですから。

しかしながら私の家族はこういった状況も受け入れてくれ、子供を産む方向で意思確認ができました。 とはいえ大変なのはここから。 私が妊婦だからといっても仕事の状況は全く変わらず、毎日10時間の立ち仕事に重い荷物運び、さらにアルバイト…しかしアルバイトについてはできるだけ早くやめられるようにすぐに申し出しました。

ただしこちらも人手不足でしたので、結局は妊娠5ヶ月まで働くことになってしまいました。 一般的な妊婦さんの労働からは考えられないような、過酷な労働をしなければなりませんでしたが、ありがたいことに私の体がとても丈夫なのか、最初の眠気やだるさは初期段階だけで、意外にこの時は乗り切ることができました。

でも今考えるとおなかのなかにいる子供にとっては、かわいそうなことをしてしまったようにも感じています…。 母親としては、もっとゆとりがある状態で育んでやりたいと思うもの。 しかしながら経済状況や周りの状態がそれを許してはくれませんでした。 今となってはよくぞこんな状態で、元気で生まれてきてくれたものだと子供には感謝していますが…。

つわりの心配なし
私の場合自分が妊娠している事に気付いたのは、とにかくいつもなら考えられないような眠さと、体全体を包むようなだるさだったおのですが、ここから生理が遅れておおよそ見当がついたものでした。 よくドラマなどでは、突然気分が悪くなってドタドタとトイレや洗面所に走っていて吐くような感じに描いていますが、個人的には私にはこういった感じの状況はほぼありませんでした。

体は比較的小柄で中肉、20歳の頃から体系はほとんど変わらず30代後半になり、妊娠。 健康面でもかなり自身を持っていましたので、かなり酷い状態で長時間働いていてもあまり苦にしたことはありませんでした。

風邪を引くのも年に1回ほどで、病気もしないでここまで来ましたので、この年齢で妊娠できたのも健康を保てていたからなのかもしれません。 そのせいだからかは分かりませんが、本当に私はつわりといえるような吐き気や、気分の悪さはほとんど経験しませんでした。

つわりについては意外と個人差が多いようで、妊娠初期の頃に物凄く気分が悪くて寝込んでしまう方もいらっしゃいます。 私の知り合いの方は、2回妊娠されたのですが、初期のつわりが本当に辛くて寝込んでしまう上、結局2度とも流産してお子さんを諦めた人も。

素人的、個人的な考えですが、やはり元々母体が健康体であれば、子供も授かりやすく、つわりなどの症状も少ないのではと思います。 できるだけバランスよい食生活などをしておくと母子ともにいい状態になるのではないでしょうか。

野外ライブにも出演
私は妊娠する前から、JAZZやファンクなどのセッションやライブに参加していて、妊娠が分かった段階ですでに大きなJAZZフェスティバルにエントリーしていました。 出演できるかはやはり始めての妊娠で、体調がどういった推移を見せるのか把握できませんでしたので不安ではありました。

しかしエントリーしている限りはバンドも10人ほどで動いておりましたし、歌のパートで穴を開けることはできませんので予定どおり、何とか無事出演しました。 この時で妊娠4ヶ月くらいだったと思いますが、その前も何度かリハーサルでスタジオに入ったりしましたが、ほとんど私はつわりがなく、他の体調についても普段とあまり変わりませんでしたので、歌うことについても楽器の演奏についてもほとんど遜色ありませんでした。

スタジオにもライブ会場やセッティングにも、自分で車を運転して移動しましたが、メンバーは一応子供のことを気を遣ってくれ、荷物などは男性陣がフォローしてくれました。 しかしながら歌うということは結構なパワーがいる作業ですし、ライブは屋外の会場でたった30分ほどのことなんですが、緊張感のせいかかなり疲労が伴うようで、終ったあとはどっと疲れてしまいました。

この時ライブ衣装でアオザイを来て出演したのですが、おなかのふくらみについては全くいつもと変わらないような感じでしたので、詳細をご存知でない知人などは妊娠していたことには気付いていませんでしたね。 今思い返すとおなかがふっくらしてきた時期は妊娠が分かってから、かなりの時期が経ってからだったように思います。 車に乗るときシートベルトをつけるのが気になりましたが、まだ普通にしていてよい感じでした。