太ももとウエストが大変なことになる

43歳を過ぎたあたりからお腹や太ももに肉が付き始めました。 今までは、どんなに食べても飲んでもまったく太ることがなかったので、かなり焦りました。 そこで、今までの生活を振り返ることにしまいた。

まず、私は、大学生の頃から朝食を食べていません。 厳密には、朝起きたときにコップ1杯のお水は飲んでいましたが、それ以外は口にせずにお昼に日の初めての食事をしていました。

朝食抜きの半日断食ダイエットというのをご存知ですか? 朝食を食べないと、前日の夕食から次の日のお昼までの15~18時間、おなかが空っぽの状態になります。

すると割と簡単に半日断食が実践できます。 この半日断食を実践することでダイエットするものです。 私もずっと朝食を食べていませんでしたので、毎日、半日断食ダイエットをしていたことになります(笑い)。

しかし、43歳を過ぎてからは、お腹や太ももが太ってきました。 あと、白湯ダイエットというのをご存知ですか。 これは、お水の代わりに白湯を飲むことで痩せようというものです。

実は、40歳ごろから、冷たい水をなるべく飲まないようにして白湯を飲むようにしていました。 しかし、白湯を飲んでいたにも関わらず、太ってしまいました。

さらに、私は、通勤で自転車を利用しており、1日平均1時間以上自転車に乗っていました。 自転車に乗ることでダイエットに有効とされる有酸素運動が手軽にできます。 しかし、半日断食、白湯と同様に有酸素運動も私にはあまり効果がなかったようです。

もちろん、有酸素運動は健康になるためには有効な方法だと思いますが、痩せるためにはかなりの時間を掛けて有酸素運動をしないと痩せられないと実感しました。 以上、今までの生活を振り返ってみました。

そして、これまでの生活を振り返ることで、どんなダイエット法を実践すれば、お腹と太ももをダイエットできるかを考えてみました。 結果として、2つの超簡単な運動を組み合わせることで、お腹と太ももを細くすることに成功しました。

1つ目の運動は、お風呂でお腹と太ももをつまむというものです。 このつまむというのはある本で知ったダイエット法なのですが、最初は、つまむだけでダイエットできるのか半信半疑でした。しかし、効果はありました。

その本には、体の部位ごとに詳細なつまみ方が解説されていましたが、面倒くさがりの私は、「両手でお肉をつまんで、5秒程度経ったらゆっくり両手を離す」を実践しました。

上記の方法でお腹と太もも全体を10分間つまんでいました。 つまむときの強さは、すこし強めにしていました。

2つ目の運動は、お風呂から上がってから、腕を回すというものです。 具体的には、腕を伸ばした状態で腕を前に出して、ゆっくり回します。 このとき、肩の関節が動いているのを確認しながら行うのがポイントです。

同様に、反対も行います(腕を後ろに出してゆっくり回す) ここまでを1セットとして30回行ってください。 肩や背中には脂肪の燃焼を促進する筋肉が集まっています。 腕を回すことで、この筋肉を鍛えることができます。

尚、上記の2つの運動はお風呂に入っているときやお風呂上がりにしなくても、夜寝る前に実践するようにしてもらえればいいです。 そして、この2つの運動を始めて5週間後に太る前の状態に戻すことができました。

この2つの運動を実践する前は、ウエスト71㎝、太もも59㎝(ちなみに身長は165㎝)でした。 5週間後は、ウエスト63㎝、太もも53㎝になりました。 たった、5週間で太る前の状態に戻すことに成功しました。

さて、ここで話が終わればいいのですが、まだ続きます。 実は、太る前の状態に戻ったので、それを境に上記の2つの運動をやめてしまいました。 すると、1ヶ月後には、ウエストが63→69㎝、太ももが54→60㎝になり、逆戻りです。

ここで、リバウンドしてしまった原因の1つは、上記の2つの運動をやめてしまったことです。 ただ、それだけでが原因でないことがはっきりわかりました。

それは食事です。 特に40歳を過ぎてからは、運動と同時に食事も見直さないとリバウンドする可能性が高いことがわかりました。

ということで、食事も見直すことにしました。 ただ、40年以上も続けていた食生活を変えるのは想像以上に大変です。

そこで、私は今までの食生活は変えずに、不足している栄養素を補うことにしました。 実は、摂取カロリーを減らすためにとにかく食べる量を減らすよりも不足している栄養素を補ったほうが痩せられることがわかりました。

そこで、私が選んだのが「痩せる効果がある飲み物」です。 これならいつもの食事に追加するだけでいいです。

私は食事のときはお茶を飲んでいますが、そのお茶を痩せる効果がある飲み物に変えることにしました。 これならノンストレスで実践できます。

次に、どんな飲み物を飲むのかを決めなければいけません。 痩せる効果がある飲み物はいろいろあります。

私は、運動しても痩せない理由にも書いているように、豆乳に混ぜて飲んだほうが痩せるので、豆乳に混ぜてもおいしい飲み物を探しました。

具体的には、酵素ドリンク、グリーンスムージー、たんぽぽコーヒー、ルイボスティーを試しました。 そして、豆乳に混ぜておいしかったのは以下の通りです。

酵素ドリンクなら優光泉

グリーンスムージーならミネラル酵素グリーンスムージー

たんぽぽコーヒーならAMOMAのたんぽぽコーヒー

ルイボスティーは該当なし(人気の2商品を試しましたが、どちらも豆乳に混ぜて飲むといまいちな味だったのでルイボスティーは該当なしにしました)

ここで、「酵素ドリンクとグリーンスムージーにはダイエットに効果がある」というのは聞いたことがあるけど、「たんぽぽコーヒーにダイエットに効果がある」というのは聞いたことがない方もいるとと思います。

実は、たんぽぽコーヒーには脂肪の吸収を抑えてくれる成分が入っています。 さらに、豆乳と一緒に摂ることで、脂肪の燃焼もよくしてくれます。

つまり、豆乳入りたんぽぽコーヒーなら「脂肪の吸収を抑える」+「脂肪を燃焼」が同時にできてしまうのです。 毎日コーヒーを飲んでいる方ならたんぽぽコーヒーでのダイエットがおすすめです。

さて、1ヶ月でウエストが6㎝、太ももも6㎝、体重が3.2㎏リバウンドした私ですが、上記の2つの運動と朝食と夕食に優光泉を1杯ずつ、仕事をしているときはたんぽぽコーヒーを1~3杯を飲むことにしました。豆乳はそのときの気分で1日1回どれかに混ぜて飲むことにしました。

以下は3週間続けた結果です。

1週間で、ウエストが-2.8㎝、太ももが-3.3㎝、体重が-1.6㎏。
2週間で、さらにウエストが-1.4㎝、太ももが-0.4㎝、体重が-0.8㎏。
3週間でさらにウエストが-1.8㎝、太ももが-1.5㎝、体重が-0.4㎏

3週間実践して、ウエストと太ももに関してはリバウンド分は痩せることができました。 体重に関してはあと0.4㎏痩せることができればリバウンド前の体重に戻すことができます。

このように、3週間でほぼリバウンド前に戻すことができる結果となりました。 リバンドしたときはかなり焦りましたが、本当によかったです。

面倒な運動や食事制限がなしでダイエットしたいなら、是非、上記の運動と飲み物を組み合わせて実践してみてください。 1週間も実践してもらえれば、上記のような効果ができることがわかるはずです。

最後に私が飲んだ中でも飲みやすくてダイエットに適している「優光泉」と「ミネラル酵素グリーンスムージー」と「AMOMAのたんぽぽコーヒー」の味、ニオイ、1杯あたりの価格をご紹介します。

優光泉(スタンダード)
ニオイ 甘酢のようなニオイ
味 シロップのような甘さ
1杯あたりの価格 150円
添加物 なし

優光泉(梅)
ニオイ 甘酢のようなニオイ(スタンダードよりはニオイがきつくない)
味 ほんのり甘い梅味
1杯あたりの価格 150円
添加物 なし

ミネラル酵素グリーンスムージー(マンゴー)
ニオイ 果物のいいニオイ
味 ほんのりマンゴーの味
1杯あたりの価格 80円
添加物 あり

AMOMAのたんぽぽコーヒー
ニオイ コーヒーそのもののニオイ
味 苦みの少ないコーヒー味
1杯あたりの価格 60円
添加物 なし

このページの先頭へ