コーヒーを飲まない妊娠生活

お茶や野菜から栄養を摂取

カフェインをとにかく避ける
妊娠中にあまり摂取すると好ましくないものといえば、アルコール、添加物、そしてカフェインですね。 妊娠中期のころ、まだアルバイトに行かなければならなかったのですが、それまでもお茶の類はウーロン茶が好きでしたし、飲み物もコーヒーや紅茶が好きなほうでしたので、これらについては生活習慣をがらりと変えなければならないと考えました。

まずとにかくアルバイト先で出される飲み物であるウーロン茶については、自分がノンカフェインのボトルのお茶をひとつひとつチェックしてから、これなら大丈夫ということで、麦茶の2Lのペットボトルを買っていき、私のお茶だけこちらから入れて貰えるようにお願いしました。

ウーロン茶や緑茶、紅茶はカフェインが入っているようですが、はと麦茶系のボトルのお茶や、麦茶なら安心して飲むことができます。 外食をするときも、居酒屋などでお茶の類を頼むとほとんどのところがウーロン茶を用意していますので、こちらでも妊娠中はかなり苦労しました。

アルコールは飲まないで決めておけば済みますが、こういった場所でウーロン茶しかない場合は仕方ないので、「妊娠中ですからウーロン茶は飲めませんのでお水をください。」 とちょっとこういったお店では嫌われてしまうかもしれませんが事情を話して、お水をいただくようにしました。

他にノンカフェインのお茶があるならそれをいただければ問題ありませんが、こういった場合でもウーロン茶のカフェインは避けておく方が赤ちゃんにとっては大事と考えましたので、お店に嫌われようがカフェインの入ったお茶しかないならお水の方がまし、と捉えました。 神経質すぎかもしれまんが、とにかく妊娠中はこのくらい徹底してカフェインは避けまくっていましたね。

コーヒーを絶つには
妊娠中にはできるだけおなかの赤ちゃんに対して、刺激となってしまうものは避けるようにしたいと考えていましたが、嗜好品の類で私が一番好きだったものが…「コーヒー」なんです。 もの凄くこだわって飲むというわけではないのですが、あの味と、眠気を取るには毎日2回は必ず飲む習慣がついていましたので、妊娠したことが分かってから一番考えてしまったのはコーヒーのカフェインをいかに避けるのかということ。

しかし私自身こういった意思は結構固いほうなので、妊娠してから授乳が終るまでは完璧にコーヒー絶ちを貫きました。 この時にいろいろ検索してよかったものがありました。 私が妊娠当時飲んでいたのは、「タンポポコーヒー」という名前のもの。 まったくコーヒーと同じではなく、どちらかと言うと黒豆茶のようなテイストでしたが、これならノンカフェインですので安心して飲むことができました。

出産してしばらくして気付いて、ああ…これを飲めばよかった…とちょっと残念に思ったものもあったのですが、それは市販されているコーヒーのなかにカフェインを抜いてくれている商品が出ていたから。 さすがに私のように妊娠してもコーヒーが好きで飲みたい!というニーズを察知してくれて、商品化されたんだろうなと思いました。

最近ではこういった商品がたくさん出ていて妊婦さんもストレスが少なくて済みますが、余談ですがノンアルコール飲料については個人的にお勧めしません。 なぜならアルコールは入っていないのですが、含まれている成分が煩雑で赤ちゃんに影響がないとは言えないものだから。 こういった商品も成分表をしっかり確認して、シンプルなものを選ぶようにされた方がいいでしょうね。

食事の工夫
私の場合、妊娠中期のころから夏に向かい、暑い暑い季節に差し掛かりましたので、この時期は妊娠していなくても食が細くなったり、食事を用意するのに火を使うことすら億劫になってしまうので何とかして簡単に、しかも栄養を摂れるようにと心がけました。

仕事も相変わらず普段どおり毎日10時間立ち仕事をしていましたので、帰ってきてもへとへとの状態になっていて、しかも暑さで何を食べようか悩んだものでした。 この時期によく食べていたのが、さっとこまぎれのお肉などをゆでてぽんずで頂くしゃぶしゃぶサラダ風。

野菜も面倒な方はカット野菜をおさらに広げるだけでもいいですし、 白菜などさっと茹でる野菜を切るのが面倒なら塊のまま水洗いして、キッチンハサミで沸かしたお湯にそのまま切りながら入れてもOK。 ハサミは野菜を切るのに意外と使えますので、まな板も出したくない…という時に大活躍してくれます。

100均ショップで売ってますので、お肉用、野菜用などと分けておいてもいいですね。 キッチンハサミはなんと鶏肉も切れますから、今でもぶつ切りにしてから揚げを作るときにも大活躍しています。 話を戻しますが切った野菜を茹でてお肉も一緒に茹でて水気を切ってしまい、温かいままぽんずで頂いても美味しいですし、さっと冷やしてからでも美味しくいただけます。

暑い時期は冷たい方が食が進みますが、できるならこれも温かいものをさらっと頂いた方がおなかの赤ちゃんにはいいのではと思います。 夏の時期薄着するせいで本当に下半身が冷えてしまって困りましたが、食べ物からも温めてあげる方が体の中から熱を蓄えられますのでお勧めです。 飲み物も常温のものなどにして、冷たいものは避けたほうがいいでしょう。